puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies

東京都杉並区 B様

この時期になるとやはり断熱効果をお求めになる
方が多いので、内窓/二重サッシとエコガラスを併用
して工事が行われました。

このように、内窓と内窓の間にブラインドをそのまま残したい
というお客様のご希望で25mmのふかし枠を取付けて
設置させていただきました。

出窓に内窓を取付けると、外窓と内窓の間が一般的な
窓に比べて大きくなるので、効果も大きくなります。

浴室の出窓には、正面の引き違いと天窓に
「アタッチメントペアガラス」を選択して既存
のガラスと交換しました。
内窓と比べると効果はやや劣りますが
リーズナブルに断熱効果が得られます。

このたびは、誠にありがとうございました。


東京都武蔵野市 Y様

閑静な住宅街にある、洋風の素敵なお家に5か所
内窓を取付けさせていただきました。

まずは1F部分の寝室2Fのキッチンに断熱効果を
ご希望されて、透明5mmを!

すごいオシャレなブラインドをサッシとサッシの中央に移設をして
内と外の窓に干渉しないようにしました。

このサッシは既存が3枚引きですが、コストを考えて2枚引きにしました。

3F部分は陽射しがかなり強く入るため、Low-Eの遮熱タイプを選択されました。

写真ではわかりずらいですが、ガラス越しでも直視すると
眩しかったのが取付け後はちょうど眩しくなく光もほどよく
入ってきます。

実は、このガラスは1枚1300×1300というサイズのため
ガラスとサッシを組み立てずに別々で3Fに上げました。

ガラスとサッシを組み立ててしまうと階段から上に通らない
のです。
3Fで組み立てました。

このたびは、誠にありがとうございました。


川崎市 H様

神奈川県川崎市にお住まいのH様からご依頼をいただきました。

Ykk  AP プラマードU 色は木目クリアの白木をイメージしたタイプを
選ばれました。

防音と断熱対策がご希望のようなので透明5mmで効果を体感して戴ける
と判断しました。

リビングルームに4ヵ所の内窓を設置しました。

まず比較的大きな道路に面している窓です。

木枠幅が100mmあるのでふかし枠を使わずにすっきりと
納まっています。

既存の上げ下げ窓には同様な上げ下げタイプはメーカー問わず
ラインナップされていないので

このような内開きタイプがおススメです。

最後の2窓は、今時のオシャレな機能性重視な窓
ではなく横に細長い2段の引き違い窓です。

実は上の窓と下の窓では高さが3mm違うので、細かい部分もケアをしないと十分な効果が見込めません。

このたびは、誠にありがとうございました。


断熱と遮熱を使い分けるLow-Eガラス

最近、住宅や事務所ビルに普及しつつあるのがLow-E複層ガラス。
特殊金属膜の効果で太陽熱をカットしたり、室内の熱が逃げないよう断熱したりできるガラスです。

日本中の住宅をLow-E複層ガラスに交換すれば、2003年に日本の家庭から排出された二酸化炭素(CO2)の約10%に相当する年間1700万tの削減が可能になり
年間の冷暖房費は、戸建て住宅で1戸当たり4万~7万円、集合住宅で1万~3万円を削減できるそうです。

Low-E複層ガラスとは、2枚のガラスの片側の内面に遮熱性のある特殊金属膜を形成したもので、
Low-EとはLow-Emissivityの略。
「熱 の伝わり方である伝導、対流、放射のうち、放射に働きかける仕組みを持つ」とアラップ・ジャパン シニア・アソシエイトの松延晋氏。
特殊金属膜は、太陽光の長波長(赤外線)領域の透過率が低い銀を中心に構成。
可視光線は透過する。
一般的な複層ガラスが 持つ断熱効果に対し、Low-E複層ガラスは、特殊金属膜の重なりによる太陽光の遮熱効果と断熱効果が加わります。

Low-E複層ガラスは大きく分けて、断熱タイプと遮熱タイプの2種類があり、
これは特殊金属膜の配置で決まります。
特殊金属膜を内壁側に配して、室内放熱率を上げたのが断熱タイプ、外壁側に配したのが遮熱タイプ。
気候に応じて使い分けが可能になります。

Low-E複層ガラスの新築戸建て住宅における普及率は、07年に35.8%。その割合は年々上昇中で、
そして10年1月28日から適用になった「住宅版エコポイント制度」がさらなる普及を後押しするかたちになっています。


快適に過ごすために結露対策のポイント

「結露」は室内外の温度差が大きく室内の湿度が高い場合に、自然現象として季節を問わず発生しますが、その発生をおさえるためには、3つのポイントがあります。

断熱性能の良い窓を設置したり、壁などに断熱材を入れることによって、住まいの断熱性・気密性を高めます。

換気設備を利用したり、窓をこまめに開閉し換気することで、室内の水蒸気を外に逃がすようにしましょう。

暮らし方を工夫し、水蒸気の発生そのものを減らし、過度な加湿を抑えることも大切です。

※ 断熱改修(リフォーム)後の注意点
断熱性能の良い窓を設置するなどの断熱改修(リフォーム)を行った場合、気密性能が向上し室内の湿度が上がるため、部分的に結露が発生する可能性があります。
例えばプラマードU(内窓)を設置した場合でも、状況によっては外窓や内窓に結露が発生することがあります。
住まいの断熱化だけでは十分とは言えません。
ちょっとした暮らし方の工夫が結露の発生をおさえることにつながります。

「樹脂サッシ」って?

■樹脂サッシって?
一般的なアルミサッシは、アルミ製の枠にガラスを入れたものです。
これに対し、樹脂サッシはアルミの代わりにPVC——いわゆる塩化ビニール製の枠を用いたものをいいます。
PVC素材を用いるのは室内側だけで、外側はアルミ素材というタイプもあるし、内も外もPVCというタイプもあります。
また、内も外もアルミ製だが、中にPVCを挟んでいるタイプもあります。
すなわち、枠にPVCを用いたものが「樹脂サッシ」と呼ばれるものなのです。

■樹脂サッシにはどんな長所があるの?
樹脂サッシは、一般的なアルミサッシの改良版として登場しました。
広く使われるアルミサッシは、窓設備として非常にすぐれたもので、すきま風が入らず、雨漏りもしないのです。
風によるがたつきも少ないし、枠との密着度を高めれば、遮音性も上がります。
なによりも耐久性が高いということ。
しかし、断熱性の面では劣ってしまいます。
それは、アルミが熱を伝えやすいからです。
最近は複層ガラスなど断熱性の高い窓ガラスが広まり、窓の結露は少なくなったが、ガラスの断熱性が高まっても、枠がアルミのままだと結露を完全に防ぐことができない。
例えば、冬の寒い日、冷たい外気にさらされたアルミ枠は冷え切ってしまい、室内側のアルミも冷たくなる。
この冷たいアルミに室内の暖かい空気がふれると、 空気の温度が一気に下がる。
温度が下がると、空気中に含むことができる水分量が減り、抱えきれない水分が結露としてアルミ枠に付着する——このようにして 結露が生じてしまいます。
そこで、結露を防止するために考えられたのが、枠の素材を変えること。
アルミより熱伝導率が低い樹脂を窓枠に用いることで、結露が生じにくくなるという仕組みにしたのです。
このように、結露が生じないことが樹脂サッシの最大の長所!
それに、見た目や手触りがやさしいことも樹脂サッシの長所になります。

■樹脂サッシに短所はないの。
枠すべてがアルミ素材のと比べた場合、樹脂サッシの短所は耐久性が劣ることとされてきました。
特に、屋外側を樹脂にすると、長持ちしないという問題が起きが ちであるため、室内側は樹脂で、外側はアルミという複合型が主流となっていきました。
しかし、最近は外も内も樹脂で、しかも長持ちするという製品も登場し、選択 肢が広がっています。
それ以外の短所を探すと……。
風合いがよいとされるが、木製の枠(外側はアルミ、内側を木製にしたもの)にはかなわないし。
断熱性の高さも木製枠のほうが上——それが短所といえなくもない。

ちなみに、価格はアルミ枠、樹脂サッシ、木製サッシの順で高くなるのです。


断熱?遮熱?エコガラスってどんなガラス?

:エコガラスの働き
エコガラスは、優れた断熱性能と遮熱性能によって、窓ガラスからの熱の出入りを防ぎ、室内を快適に保つとともに、暖冷房の効率をアップし、暖冷房によって発生するCO2排出量を削減するガラスです。

エコガラスは、快適な暮らしと環境保護を両立し、お財布にもやさしい、優れものなのです!

:エコガラスの仕組み
一見、普通の複層ガラスと同じに見えるエコガラス。
しかし、大きな違いは、ガラスの内側にある特殊な金属の膜です。
この特殊金属膜が、エコガラスのポイント。
複層ガラスの断熱性能(冬場の室内の保温)がより高まり、また、複層ガラスにはない遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)を実現します。
だからエコガラスは、1年を通して環境保護に役立ち、快適な暮らしを支え、光熱費の節約にも貢献できるのです。

:暮らしに優しい、省エネガラスのエコガラス

エコガラスを使った住宅は、夏は暑くなりにくく、冬は冷えにくくなるので、暖冷房の効率がアップします。
つまり、少ないエネルギーで効率よく、快適に暮らすことができるのです。

:エコガラスは結露対策にも役立ちます
結露を防止するには、冷たい外気で窓ガラスが冷えるのを防ぐことが大切。
エコガラスには、普通の複層ガラスと比べてさらに高い断熱性能があるため、外気の冷たさがより伝わりにくく、結露の防止に高い効果を発揮します。

:環境保護にも役立つエコガラス
エコガラスは、暖冷房のために発生するCO2排出量の削減に大きく貢献します。
日本中の住宅の窓ガラスを全てエコガラスに換えると、年間で1,700万トンものCO2を削減することができます(板硝子協会の試算によります)。
1,700万トンのCO2
・2003年に全国の家庭から排出されたCO2の約10%に相当します。
・京都議定書で削減が義務付けられた温室効果ガス全体量の約23%に当たります。

植林に例えるなら、エコガラスに換えるだけで、一戸あたり25本のぶなの木を植樹したのに相当するCO2削減効果が期待できるのです。

:お財布にも優しい、エコガラス
少ないエネルギーで快適な暮らしを実現するエコガラス。もちろん、暖冷房費の節約にも役立ちます。
一般的な戸建住宅の場合、 通常の一枚ガラスからエコガラスに換えると、暖冷房費が年間で最高9万円以上も節約できます。

「エコガラスシミュレータ」ではエコガラスのエコ効果を簡単に計測できます!


なぜ、高断熱住宅を薦めるのか

「良い住宅」とは、どのような住宅でしょうか。
それは、「みんなが帰りたくなる住まい」です。
それぞれ趣味を楽しめる居場所があり、そして、住む人の笑顔をつくれるような住まいです。

そんな住まいをつくるために、居住環境面で気をつけるべきことの一つに、室内の空気のコントロールがあります。
住まいの空気がきれいで、すべての室内の 気温を快適に保つことができれば、人は長い時間そこに居たくなるでしょう。
住宅内が適温に保たれていること、そして、空気がきれいであることは、人が快適 に生きていくためにとても重要です。

「適温」と「空気のきれいさ」を保つことは、一見、別々のことのように思われます。
でも実は共通点があります。
どちらも、住宅の断熱性能を高めることで、よりよい状態を保ちやすくなるのです。

高断熱住宅で、無理なく全室冷暖房

住宅のすべての居室で快適な温度を保つには、全室冷暖房が必要です。
しかし、従来の断熱性能の低い住宅では、冷暖房のエネルギーコストを考えると全室冷暖房の導入は現実的ではありありませんでした。

これに対して、高断熱住宅は、従来の住宅と比べてエネルギー使用量をほとんど増やさずに、より快適な温度環境をつくり上げることができます。
断熱性能を 高めると、外気の温度変化の影響を受けにくくなるので、室内の温度は一定の範囲内に保たれます。
このため、冷暖房のエネルギー効率がよくなるのです。
なか には、高断熱住宅に改修したことで、暖房の灯油使用量が約3分の1以下になった事例もあります。

さらに、断熱性能が低いと、いくら暖房をしても、床、壁、天井、窓の温度は上がらず、「室温は20℃でも体感温度は15℃」といったことも起こります。
同じ室温に暖めても、断熱性が高い方がより快適性が高いといえます。

高断熱住宅は健康にもよい影響が

全室を快適な温度に保つと、快適なだけでなく健康にもよい影響があります。

冬場の寒い日に、トイレや廊下、風呂場で亡くなる高齢者がとても多いことが知られています。
暖かい室内から寒いトイレに移動したり、寒い脱衣場から熱い 風呂に入ったりすると、急激な温度変化によって血圧が急激に変化し、心臓や血管に大きな負担をかけ、心筋梗塞や脳梗塞などの原因となるためです。
ヒート ショックと呼ばれる現象です。
ヒートショックの予防には、住宅内の温度差をなくす全室暖房が有効といえます。

「空気のきれいさ」も、健康を左右する要素です。
断熱性能が低い住宅は、外部と内部の温度差が伝わりやすいため、結露が発生しやすくなります。
結露によ る湿気でカビが発生し、カビを栄養源とするダニが発生し、ダニやカビを空気中に撒き散らします。
その空気を吸い込むことによって、アレルギーの原因を引き 起こします。

住宅の断熱性能を高めるためには、魔法瓶のように家をすっぽり丸ごと断熱し、熱が逃げないように気密性も高めなくてはなりません。
それはちょうど、赤ちゃんが生まれるまで快適に過ごすお母さんのおなかの中のようなイメージです。

それでは息苦しくならないか、空気がにごるのではないか、と不安を感じる方もいらっしゃるかもしれません。
これについては、住宅には法律で24時間換気 が義務付けられているので、心配はいりません。
加えて、私は風の流れを重視した設計をおススメしています。
気持ちのいい季節には外気を思いっきり取り込め るよう窓の場所を考慮し、たとえ真冬真夏でも窓を少し開閉すれば空気が流れるように考慮した家づくりをすれば、高断熱による安定した温熱環境と、自然環境 の気持ちよさの「いいとこ取り」も実現可能になります。

家全体の断熱を

室内温度(熱)は、開口部である窓から最も逃げることが分かっています。
つまり、窓に二重サッシやペアガラスを採用することが、住宅の断熱性能を高 める重要な要件といえます。
ただし、窓からだけではなく、熱は床、壁、天井からも逃げていきます。
そこで、断熱工事を行います。
できれば部分的な断熱では なく、床、壁、天井すべてを断熱したほうがよいでしょう。
断熱材そのもの厚さや性能に注目することも大切です。
また、隙間から熱が逃げないように住宅全体 を高気密にします。

2010年は、エコ住宅の新築・購入やエコリフォーム工事に住宅エコポイントがつくので、高断熱の住まいをつくるのならお得です。

多くの人は、目新しい機能や便利なものを優先して住まいをつくってしまい、断熱化のような見えないところのケアを忘れがちです。
断熱材は建物全体に対す るコスト比率も低いので、新築であれば少しの追加予算で住まいの快適さを得ることができます。
例えば、「延床面積約41.3坪の在来木造住宅で省エネ対策 等級4レベルの断熱工事」の場合、断熱材+施工費で57万7300円という試算があります*。

* 積算資料「ポケット版 総合編 2010前期」の『設計見積もり事例1』、旭ファイバーグラス推奨の断熱仕様工事を元に算出)。

住宅エコポイント対象のエコリフォームでは、内窓の設置に人気が集まっています。
もちろん窓の断熱工事だけでも一定の効果はあります。
でも、より省エネ で快適な住まいを目指すために、壁や床、屋根にも注目して、予算が許すなら住宅まるごと断熱材を入れていただきたいと思います。
高断熱住宅は結露が起きに くいので、住宅そのものも、長く”健康”な状態を保つことができます。

自然素材も使いたい

住まいの空気を考える場合、断熱性能のアップに加えてもう一つ、自然資材を上手に使うこともポイントとなります。
せっかく断熱性能の高い住まいをつくっても、新建材などから、ホルムアルデヒドなどの有機化合物が発生し、シックハウスになってしまっては意味がありません。

自然素材は、それぞれが断熱性能も兼ね備えています。
無垢の木や土壁は蓄熱する性質があり、きれいな空気と快適な温度をつくるのに最適な素材といえます。
一般的に自然素材のほうが割高ではありますが、少しでも取り入れていただきたいと思います。


東京都 大田区 M様

今回は築年数の少し古いマンションのリノベーションもかねての、
内窓(二重サッシ)の取付けです。

YKK APプラマードUに標準の透明3mmを入れました。
掃出しタイプは既存の外部の窓に合わせて中桟を入れて
見た目でも違和感が全くないような仕上がりです。

ガラスは透明3mmですが二重窓を付けるという段階で機能性はみたしているので、
断熱,結露,防音,防犯で満足いただけると思います。


ホームペヤサンバランス&ペヤプラスで夏の窓リフォームは断然お得!!

■夏は涼しく、紫外線もしっかりカット!

一枚ガラスの約2倍の遮熱性能をもつホームペヤ・サンバランス/ペヤプラスは明るさや眺めを遮ることなく、日射熱を大幅にカットします。
夏場の室内温度の上昇も抑えることができます。
また、紫外線を約81%カットします。

■真夏日の帰宅直後のモワット感は解消!

ホームペヤ・サンバランス/ペヤプラスは外気に左右されず、住まいの温度を快適に保つことができるので、不快感が軽減できます。
クーラーの効きも良くなるので、一枚ガラスと比べるとお部屋が涼しくなるのも、ずっと早くなります。

■わずか30分~1時間でリフォーム完了!

今お使いのサッシはそのままに内窓(二重サッシ・二重窓)の設置だけで工事も簡単。
ひと窓あたりわずか30分~1時間で工事完了いたします。