puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies

東京都足立区 K様 結露対策

結露対策には内窓/二重サッシが効果的で尚且つ、防音・断熱などなどそれ以外の効果が期待できます。

今回はバルコニー側の大きな窓に25mmのふかし枠を使い、2か所取付けさせていただきました。

結露にはマンションの高さなどはあまり関係がないようですね。
周りをかなり見渡せる高さのマンションですが、毎朝結露が滴るそうです。

ふかし枠の取付上カーテンレールは外すことになりましたが、シングルレールならまた既存のカーテンボックスに納まりそうです。

来年の今頃には住宅エコポイントもなくなり、早めの対策をおススメします。

このたびは、誠にありがとうございました。


神奈川県横浜市 O様

今日は朝から雪が降るという内窓/二重サッシを取付けて
効果をすぐに体感できるという内窓日よりです。

サッシの木枠が装飾タイプのため、木枠に細工をしてふかし枠
を使わずに内窓/二重サッシを取付けできるようにしました。

このようになんの違和感もなく、スッキリおさまっています。

内窓/二重サッシをはめ込む直前まで曇っていたガラスが
はめ込んで10分程度でガラスの曇りが全部消えました。

今回は3F部分全ての窓5か所に内窓/二重サッシをとりつけましたが
雪の影響で効果が即座にあらわれ、お客様にも大変満足していただけ
ました。

このたびは、誠にありがとうございました。


足立区 I様

足立区にお住まいのI様は毎日、滝のように流れる”結露”に
悩まされていたそうです。

以前から内窓(二重サッシ)の設置を検討されていたそうでこのたびお試しに
1窓の取付けを依頼されたそうです。

このタイプはL型に25mmのふかし枠を使い
変則的な取付けになります。

左のふかし枠と右の標準枠の取り合いを
合わせるのに苦労しましたが、無事取付け
完了しました。

カーテンレールの移設も手前に綺麗に設置でき
お客様にも喜んでいただきました。


快適に過ごすために結露対策のポイント

「結露」は室内外の温度差が大きく室内の湿度が高い場合に、自然現象として季節を問わず発生しますが、その発生をおさえるためには、3つのポイントがあります。

断熱性能の良い窓を設置したり、壁などに断熱材を入れることによって、住まいの断熱性・気密性を高めます。

換気設備を利用したり、窓をこまめに開閉し換気することで、室内の水蒸気を外に逃がすようにしましょう。

暮らし方を工夫し、水蒸気の発生そのものを減らし、過度な加湿を抑えることも大切です。

※ 断熱改修(リフォーム)後の注意点
断熱性能の良い窓を設置するなどの断熱改修(リフォーム)を行った場合、気密性能が向上し室内の湿度が上がるため、部分的に結露が発生する可能性があります。
例えばプラマードU(内窓)を設置した場合でも、状況によっては外窓や内窓に結露が発生することがあります。
住まいの断熱化だけでは十分とは言えません。
ちょっとした暮らし方の工夫が結露の発生をおさえることにつながります。

「樹脂サッシ」って?

■樹脂サッシって?
一般的なアルミサッシは、アルミ製の枠にガラスを入れたものです。
これに対し、樹脂サッシはアルミの代わりにPVC——いわゆる塩化ビニール製の枠を用いたものをいいます。
PVC素材を用いるのは室内側だけで、外側はアルミ素材というタイプもあるし、内も外もPVCというタイプもあります。
また、内も外もアルミ製だが、中にPVCを挟んでいるタイプもあります。
すなわち、枠にPVCを用いたものが「樹脂サッシ」と呼ばれるものなのです。

■樹脂サッシにはどんな長所があるの?
樹脂サッシは、一般的なアルミサッシの改良版として登場しました。
広く使われるアルミサッシは、窓設備として非常にすぐれたもので、すきま風が入らず、雨漏りもしないのです。
風によるがたつきも少ないし、枠との密着度を高めれば、遮音性も上がります。
なによりも耐久性が高いということ。
しかし、断熱性の面では劣ってしまいます。
それは、アルミが熱を伝えやすいからです。
最近は複層ガラスなど断熱性の高い窓ガラスが広まり、窓の結露は少なくなったが、ガラスの断熱性が高まっても、枠がアルミのままだと結露を完全に防ぐことができない。
例えば、冬の寒い日、冷たい外気にさらされたアルミ枠は冷え切ってしまい、室内側のアルミも冷たくなる。
この冷たいアルミに室内の暖かい空気がふれると、 空気の温度が一気に下がる。
温度が下がると、空気中に含むことができる水分量が減り、抱えきれない水分が結露としてアルミ枠に付着する——このようにして 結露が生じてしまいます。
そこで、結露を防止するために考えられたのが、枠の素材を変えること。
アルミより熱伝導率が低い樹脂を窓枠に用いることで、結露が生じにくくなるという仕組みにしたのです。
このように、結露が生じないことが樹脂サッシの最大の長所!
それに、見た目や手触りがやさしいことも樹脂サッシの長所になります。

■樹脂サッシに短所はないの。
枠すべてがアルミ素材のと比べた場合、樹脂サッシの短所は耐久性が劣ることとされてきました。
特に、屋外側を樹脂にすると、長持ちしないという問題が起きが ちであるため、室内側は樹脂で、外側はアルミという複合型が主流となっていきました。
しかし、最近は外も内も樹脂で、しかも長持ちするという製品も登場し、選択 肢が広がっています。
それ以外の短所を探すと……。
風合いがよいとされるが、木製の枠(外側はアルミ、内側を木製にしたもの)にはかなわないし。
断熱性の高さも木製枠のほうが上——それが短所といえなくもない。

ちなみに、価格はアルミ枠、樹脂サッシ、木製サッシの順で高くなるのです。


結露対策は結露を知ることから

窓、押し入れの壁などに「しずく」が・・・あれほど嫌なものはないですよね。
窓の下に雑巾を置いてみたり、窓ガラスを拭いてみたり・・・でも、根本的な解決をしなければ「結露」は永遠に発生する現象です。

なぜ結露が発生するのか?

まず、結露はどんな季節に多く発生するでしょうか?
真夏に結露に悩まされた方いますか?(日本で)
多くの場合は冬の寒い季節に多く「結露」が発生し、悩まされるのではないでしょうか。

■なぜ,結露の「水滴」が発生するのか。
結露の正体は空気中の水蒸気です。(暖かい空気は冷たい空気に比べて多く湿気を含むことができます。)
暖かく湿った空気が冷たいものに触れると、その空気は水蒸気を気体としてもっていることができなくなり水滴へと変化します。
日本の夏は湿気が多くて、蒸し暑くジメジメしていますね。
そこでキンキンに冷えた飲み物をコップに注ぐと・・・テーブルが嫌っていうくらいコップの表面が濡れませんか?あれも結露と同じ現象です。
つまり、「結露を防ぐには湿度の高い空気を極端に冷やさない!!」ということになるのですが、そこが一番の問題なんです。

■なぜ、「結露」防ぎにくいのか。
日本の冬、寒いです  冬だから・・・。

もちろん暖房します→暖かい空気はたくさんの水蒸気を含むことができます→台所・お風呂場・人体から水蒸気発生します。(風邪予防とか言って加湿器 も当たり前のように使用)→室内の湿度はたっぷりに!!→寒い外部に面している窓・押し入れ冷えてます←ココ!!ココです!!結露発生!!
夏場の冷えたコップ状態に・・・。
冬の窓の外はキンキンに冷えた飲み物で、室内が湿度の高い夏の空気だと思ってもらえればいいでしょう。
これでは完璧に「結露行き」です。
「つぎは結露~ 結露~ お忘れ物ございませんよう・・・」

■結露を防ぐには
前文の通り窓や壁が極端に冷えなければ理屈上結露は防げます。

・壁の断熱性能を上げる=断熱材(グラスウール等)などを壁内に使用し、外からの低温が壁を伝ってきにくくして室内の壁表面の温度が低くならないようにする。

・窓を複層(2枚ガラス)にする=単層(1枚ガラス)では冷たい外の低温を直に室内に伝えてしまうので窓ガラスを複層にして断熱性能をUP!!

・窓下へヒーターを設置=ヒーターを窓下に設けることで窓表面の温度が下がらないようにし結露を発生を防ぐ。

・壁・天井などの仕上げに調湿材料を使用する=調湿材により室内の湿気を吸湿して、湿度が上がらないようにする。

・換気をマメに行う=換気によって湿度の上がった空気を外へ逃がし、湿度の低い外気を取り入れる。

・究極は洋服をたくさん着込み、暖房しない!!

■「結露」発生によって困ること
結露によって大量の水滴が室内に流れこみます。
壁紙、壁のボード、木材、軽量下地などを腐らせサビさせ家の寿命を大きく縮めたりします。
またカビを発生させて健康被害につながる可能性もあります。

たかが「結露」されど「結露」 結露を知って結露を防ぐ。


断熱?遮熱?エコガラスってどんなガラス?

:エコガラスの働き
エコガラスは、優れた断熱性能と遮熱性能によって、窓ガラスからの熱の出入りを防ぎ、室内を快適に保つとともに、暖冷房の効率をアップし、暖冷房によって発生するCO2排出量を削減するガラスです。

エコガラスは、快適な暮らしと環境保護を両立し、お財布にもやさしい、優れものなのです!

:エコガラスの仕組み
一見、普通の複層ガラスと同じに見えるエコガラス。
しかし、大きな違いは、ガラスの内側にある特殊な金属の膜です。
この特殊金属膜が、エコガラスのポイント。
複層ガラスの断熱性能(冬場の室内の保温)がより高まり、また、複層ガラスにはない遮熱性能(夏場の太陽熱の遮断)を実現します。
だからエコガラスは、1年を通して環境保護に役立ち、快適な暮らしを支え、光熱費の節約にも貢献できるのです。

:暮らしに優しい、省エネガラスのエコガラス

エコガラスを使った住宅は、夏は暑くなりにくく、冬は冷えにくくなるので、暖冷房の効率がアップします。
つまり、少ないエネルギーで効率よく、快適に暮らすことができるのです。

:エコガラスは結露対策にも役立ちます
結露を防止するには、冷たい外気で窓ガラスが冷えるのを防ぐことが大切。
エコガラスには、普通の複層ガラスと比べてさらに高い断熱性能があるため、外気の冷たさがより伝わりにくく、結露の防止に高い効果を発揮します。

:環境保護にも役立つエコガラス
エコガラスは、暖冷房のために発生するCO2排出量の削減に大きく貢献します。
日本中の住宅の窓ガラスを全てエコガラスに換えると、年間で1,700万トンものCO2を削減することができます(板硝子協会の試算によります)。
1,700万トンのCO2
・2003年に全国の家庭から排出されたCO2の約10%に相当します。
・京都議定書で削減が義務付けられた温室効果ガス全体量の約23%に当たります。

植林に例えるなら、エコガラスに換えるだけで、一戸あたり25本のぶなの木を植樹したのに相当するCO2削減効果が期待できるのです。

:お財布にも優しい、エコガラス
少ないエネルギーで快適な暮らしを実現するエコガラス。もちろん、暖冷房費の節約にも役立ちます。
一般的な戸建住宅の場合、 通常の一枚ガラスからエコガラスに換えると、暖冷房費が年間で最高9万円以上も節約できます。

「エコガラスシミュレータ」ではエコガラスのエコ効果を簡単に計測できます!


マンションの結露対策

結露というのは、さまざまな所で発生します。
・戸建て住宅よりマンションの方が結露は起こりやすい。
・南側より、北側の方が起こりやすい。・空気の流れがないと結露は起こりやすい。
などがあり、一度マンションに住んだことのある人なら、戸建て住宅と比べどの部屋の温度も比較的安定します。
部屋の暖房器具無しでもうたた寝が出来るほどです。
しかし、戸建て住宅と比べ窓が少なく、換気がしにくい
構造です。
コンクリートは約10年間にわたってコンクリートの中の
水分を外へ放出していきます。
特に建築後1~3年の間はその放出が著しいとも 言わ
れています。

そこで、内窓(二重サッシ)を取付けて既存の窓と内窓の間に生まれる空気層が室外と室内をしっかり隔てる構造に。
これによって大きな断熱効果で外気温の影響を受けにくくするととも、室内の温度も保ちます。
その結果、結露の発生を大幅に抑えることができるのです。