puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies

東京都世田谷区 K様 防音対策

国道沿いのマンションの1室で防音対策ということで
このたび、旭ガラス製「まどまど」を取付ました。

まどまどは防音対策に評価が高く、合わせガラスは断熱効果など
はペアガラスなどには劣りますが、音の拾う広さは十分効果が得られる
評価があります。

クレセント錠も補助ロックが下部に付いており防犯性能にも
優れているのが特徴です。

音の減り方に大変喜んでいただき、効果を実感されたとおもいます。

このたびは、誠にありがとうございました。


東京都杉並区 K様 防音対策

防音対策にも2通りあります。

まず1つは、大きな道路・高速道路・電車などなど
外部からの音をお家の中に入りにくくする防音対策。

2つ目は今回ご依頼がありました、お家の中から発生
する音を外部に漏らさない防音対策。

お子様のピアノの練習を気兼ねなくできるように、
掃出しタイプ

と、出窓タイプ

の2か所に内窓/二重サッシを設置しました。

選択されたガラスも防音効果に優れている「防音合わせガラス」を使いました。

このように、ピアノに限らず楽器をお使いになる方やダンスなどの練習を
される方には内窓/二重サッシは効果的な防音対策になります。

このたびは、誠にありがとうございました。


空き巣被害に遭いやすい日があった!? 雨の日、風の日、空き巣の日?

ある空き巣~侵入窃盗犯の犯行

2002年11月4日に埼玉県熊谷市内の会社員宅に侵入、現金47万円を盗んだ疑いで逮捕されていた男が、2年2ヶ月間で約270件の空き巣(侵入盗)を 繰り返していたことで3月18日までに追送検されました。
被害にあった地域は埼玉県、群馬県、広島県、静岡県、愛知県、岡山県の6県に及び、被害額は現金 だけで約2,200万円に上っています。

26ヶ月間に約2,200万円ということは、月額約85万円弱。
年収一千万円強というとかなりの地位の人の年収に値します。
しかも税金は納めていないのですから、大変なものです。

ま た、270件を26ヶ月でということは、月に約10日間の犯行、つまり約3日に1度の働きでそれだけの現金を得ていたわけですから、空き巣稼業は儲かる、 とでもいうのか、一度やったらやめられないでしょう。
結局、最後は逮捕されているわけですが、住所不定、無職の54歳では、刑に服して刑務所から出てきた ときには、正業につけるかどうか懸念されます。

新興住宅地の一戸建てを狙った!

この男はとくに、新興住宅地の一戸建てを狙っていました。
新興住宅地では住人同士がまだそれほど親しくもなく、隣近所のつきあいは深くはないでしょう。
多 少の物音がしたとしても、とくに気にもとめないでしょうし、マンションなどの集合住宅と違い隣の家との距離があり、人の視線が届きにくいものです。

そ して、「ピッキング」が空き巣の一番の侵入手口と思われがちですが、「無締まり・無施錠」そして「窓などのガラス破り」が侵入手口としては大きな割合を占 めているのです。
集合住宅では玄関は一カ所で窓はベランダの掃き出し窓だけか、せいぜい角部屋の場合に建物の壁側にも窓があるくらいです。

それに比べると、一戸建てでは玄関のほかに勝手口があることが多いでしょうし、窓の数が圧倒的に多いものです。
小さな窓や高い位置にある窓だから、と換気のつもりで留守時にも開け放したままのお宅もあることでしょう。

独立した建物ですから、建物の周囲360度ぐるりと見回せば必ず死角があります。
建物の横や裏手に回れば、誰にも見とがめられずにガラスを破って侵入することが可能なのです。

※一戸建ての住宅の場合は、窓などの侵入口が多いということで、客観的に自宅の建物をよく観察して、侵入被害を防ぐ工夫をしましょう。

※勝手口のドアは意外と防犯対策を怠りがち。勝手口もワンドア・ツーロックにしましょう。

「雨や風の強い日は音が響かないので仕事がやりやすかった」

この犯人の供述ですが、なかなか意味の深い内容です。

雨の日には、道行く人は傘を差していますから普段よりも視線はさえぎられています。
風の強い日も、つい目を細めがちです。自分の行く手を見るのが精一杯で、周囲を見る余裕はあまりないでしょう。

そ して、なによりも雨の日は音がさえぎられます。
雨の日には周囲の音が聞こえず、静かな感じがしますが、いってみれば雨が「音のカーテン」「遮音カーテン」 のように、音を聞こえにくくするのです。
シャワーを浴びているときにはまったく周囲の音が聞こえないものですが、それと同様に、雨が音を遮断するのです。

そればかりか、雨に音が吸収されてしまい、響くことがありません。
太鼓などの楽器が乾いていればよく響き、湿度が高かったり濡れていれば音が響かないのと同じです。

音 が大気中を伝わる速度は温度、湿度、風などによって異なります。
晴れた日には、遠くの音までよく届きます。
「山びこ」は晴れた日にこそよく響くもの。
雨の 日や風の強い日には叫んでもすぐにかき消されてしまいます。
風の強い日はビュウビュウ、ゴーゴーと風の音そのものがひどく、ちょっとした物音などは風とと もに消えてしまい、誰の耳にも届きません。

※雨や風の強い日には、音が聞こえにくいので、ガラス破りなどの侵入被害を受けてもわかりにくいということです。
空き巣に狙われないように、とくに ガラス破りを防ぐために、防犯フィルムを貼ったり、防犯ガラスに交換するなどして自宅の防犯態勢をしっかり整えておきましょう。


最後に捕まった日

この犯人は経験則からそういったことを理解して、捕まらないように空き巣の作業をしていたのでしょう。
仕事に工夫しているというか、効率を考えていたのでしょうが、それだけの知恵をまともなことにつかってほしいものです。

ちなみに気象庁のデータで調べてみると、逮捕された平成14年11月4日未明の埼玉県熊谷市では風速は1メートル程度、晴れで雨は降っていませんでした。


サムターン回しより焼き破り!?

■新たな侵入手口「焼き破り」とは?■

これまで「ピッキング」や「サムターン回し」という手口による侵入窃盗被害についてお知らせしてきておりますが、さらに新たな手口として「焼き破り」による被害が多発するようになってきました。

「焼き破り」とは、窓の錠の周囲のガラスを強力ライターやバーナーなどで焼いて割れや すくなったところを割ったり、加熱後に水を吹きかけてヒビを入れて割るなどして窓ガラスを破りカギを開けて、侵入して窃盗を働くというものです。
ガラスは 火に弱く、破壊時の音がほとんどしないため、気づかれにくいのです。

「焼き破り」による被害は昨年7月に初めて確認され、昨年末までに70件。今年は3月末で166件に上っています。

神奈川県では昨年1年間で計159件発生しており、今年は3月末で計65件に上っています。
年明けから3カ月間で、千葉県では計150件、東京都内でも約70件発生しています。

また、この5月14日には茨城県内で「焼き破り」による被害が発生、中国人ら3人が逮捕されており、県内全域で多発しているため余罪を追及しています。
茨城県内では昨年10月から県内で約370件発生しています。

このように、首都圏を中心に各地に広まっており、警戒が必要です。

「ピッキング」「サムターン回し」に比べると
▲高度な技術がいらない
▲犯行の音が小さく気づかれない
▲ライターを持っていても怪しまれない
▲「ピッキング対策」をする住宅が増えてきた
ことなどが理由としてあげられています。

侵入窃盗犯罪の手口と対策はまさに「いたちごっこ」です。


■対策はあるのか?■
それではどうしたらいいのでしょうか?

侵入窃盗犯は侵入に時間がかかると侵入をあきらめると言われています。
【侵入をあきらめる時間】(警視庁資料より)
5分以内 58%
5分を超え10分以内 20%
10分を超え15分以内 13%

つまり、基本はシンプルです。
“侵入に時間がかかるように対策を施すこと”が重要なポイントなのです。
少なくとも10分、できれば15分以上の時間がかかるようにするとよいでしょう。
もちろん、どれだけ時間をかけても開けられないドアや窓が望ましいことは言うまでもありません。

窓が死角にあると、時間をかけられてしまいます。
破られるような窓が、死角にあるかどうか、今一度、ご自宅の窓をチェックしてみましょう。

■Q&A■
Q.「寝室が2階にある家」は狙われるって本当?
A.狙われているのはほとんどが一戸建てで(とくに新興住宅地)、寝室が2階にあるタイプです。
階上で就寝していると階下の音に気づきにくい上、ガラスを割る音がほとんど聞こえないからです。
これはどの手口であっても同様です。

Q.窓の格子はあった方がいい?
A.な いよりはあった方がいいようですが、格子を取り付けてあるビスなどを知らない間にゆるめられていたり、その場で簡単にビスをはずされてしまうと、格子ごと 取り外されてしまい、無意味になってしまいます。
留めてあるビスのネジ山をつぶすなどして、簡単に取り外せないようにしておきましょう。
間違っても格子が あるからと、カギをかけ忘れるようなことがあってはいけません。

Q.防犯フィルムを貼ってあったり、防犯ガラスを使っていたら大丈夫?
A.残念ながら、通常のガラスに比べれば時間はかかるものの、やはり火には弱そうです。
時間をかけて火で加熱しつづけていれば防犯フィルムは溶け、防犯ガラスも割れることはさけられません。
せっかくそこまで防犯対策をしてあるのなら、「プラスワンアクション」として、警報装置を取り付けるようにしましょう。

Q.雨戸やシャッターは?
A.昔の家に比べると、最近の住宅では雨戸のある家が少なくなってきています。
できれば雨戸やシャッターはあった方がいいですが、それを取り付けられない小さな窓などは、その分とくに防犯対策が必要になります。

Q.効果的な防犯グッズは?
A.「補助錠」(窓のタイプによって各種あり)を窓の上下二カ所に取り付ければ、窓を開けるのに時間がかかります。
また、窓に衝撃や振動が加えられると警報が鳴る装置もいいでしょう。

■犯人は音と光を嫌う!■
「ピッキング」「サムターン回し」「焼き破り」「ガラス破り」など『玄関や窓などの侵入口のカギや、カギの周囲を壊されてカギを開けられて侵入される』のですから、時間をかけたりすれば(かけるまでもなく開いてしまえば)結局、入られてしまうのであれば、どの手口であろうと同じです。

そこで、重要なのは“ドアや窓に接近させないこと”と“ドアのカギを開けられたり、窓ガラスを破られたとしても犯人の侵入を防ぐ”ことです。

これには、センサーなどでドアや窓に近づく犯人の存在を関知して、強烈な照明が点灯する装置とか、警報が鳴る装置、あるいは侵入しようと窓やドアを開けると音が鳴る「警報装置」を設置できるといいでしょう。

なにも価格の高い装置でなくても、手軽な防犯ブザーを利用することもできます。
ドアチェーンのようにセットして、いざというときは音が出て、侵入者を撃退します。

1.ドアや窓の上部二カ所にフックを取り付け、人間が通れる幅より小さく、ストッパー(絶縁板)つきの防犯ブザーのひもをセットします。
2.犯人が入ろうとしてドアや窓を開けると、
3.ストッパーのひもがはずれて音が鳴ります。

手軽な防犯ブザーで「警報装置」を作ろう!

1.フックでブザーをセット


2.ドアを開けられたら


3.ひもがはずれてブザーが鳴る

とにかく、泥棒は人の家に入りたがるのです。被害を避けるためには、「入られないようにすること」です。
ご自宅の建物の状況、予算などに応じて、ご自宅に合った対策を工夫しましょう。

侵入被害を受けてから対策をするのではなく、一日も早く対策をしておくことが「後悔しないため」にできることなのです。


ピッキング被害再び増加!狙われる地域と家

都内で再び増加している被害

警視庁がまとめた、今年1月から8月末までの東京都内の侵入窃盗認知件数が発表されました。このうち、「ピッキング」と「サムターン回し」の被害が、昨年同期より40.5%も増加していることがわかりました。
都内の各市区別被害件数の増減については警視庁の東京都の区市町村別刑法犯認知状況平成18年8月末データをご覧ください。

「ピッキング」による被害は、平成12(2000)年にピークとなって、その後減少していました。
平成15(2003)年に「ピッキング防止法」(ドア開 錠に使用する特殊用具類の不当所持を禁止)が施行されたり、不法滞在の外国人を集中的に摘発したことなどにより、昨年平成17(2005)年は、ピーク時 より半減していました。

下記の警察庁資料「ピッキング用具を使用した認知・検挙状況の推移」で、全国でも年々減少していることを数字で見ることができます。

しかしながら、ここにきて都心回帰現象とでもいうように都内で再び、被害が急増しているということになります。
侵入盗そのものの認知件数は、昨年同期に比 べて6.7%減少してはいるものの、「ピッキング」の手口によるものは前年同期(191件)より倍以上(425件)になっているのです。

この地域が狙われている

都内でもっとも被害が増えたのが杉並区でした。
渋谷、新宿、中野、練馬の各区のマンションで被害が相次いでいるほか、江東区などでも前年より増加していま す。
また、都下では町田市の増加が顕著です。
減少した地域、微増している地域とそれぞれ違いますので、都内にお住まいの方は東京都の区市町村別刑法犯認知状況で確認してみましょう。

従 来からの住宅街で、狭く入り組んだ路地が多く車が入りにくいこと、防犯パトロールの目が届きにくいこと、などがあります。
たしかに住宅街は人通りも少な く、おだやかな町並みが特徴的ですが、それだけ人の目がないということにもなります。
多くの人が行き交う都心部に比べると、人の数が圧倒的に少ない点、路 地が多いイコール曲がり角が多く見通しがきかない点などが、狙われやすい条件となっているようです。

こんな家が危ない

また、セキュリティ対策のなされた新しい物件が少ないという点も原因としてあげられるでしょう。
住宅街では低層のマンションが多く、築年数のたった物件は 防犯対策が十分になされておらず、たとえば錠前を見ても、ピッキングされやすい錠前をそのまま使っていることが多いようです。

また、玄関ドアからの侵入だけでなく、玄関がダメなら窓からということで、窓ガラスを割って侵入するガラス破り、焼き破り(焼き切り)、突き破り(ドライバーなどで窓ガラスを割る手口)、などの被害も多く発生しています。

玄 関ドアをピッキング対策の錠前にしてあるとしても、窓ガラスが、一撃のもとに割られてしまうような家は、いってみれば「頭かくして尻かくさず」の状態で す。
前から侵入できなければ後ろから侵入すればよい、という単純なことで、玄関には対策をしてあったとしても、窓の防犯対策ができていなければ、こちらか ら侵入されてしまうのです。

玄関と窓をガードせよ!

泥棒の侵入口は「玄関」「窓」の出入り口です。
出入り口=侵入口なのですから、少なくともこの二ヶ所の防犯対策を早急に実行しましょう。

ピッ キングされやすい錠前、すなわち過去数年以内にピッキング対策の錠前にしていない場合、これまでに一度も交換していない場合、ピッキング対策用ではない錠 前が一つしかない場合は、ピッキング被害に遭いやすいですから、錠前を交換するか、もう一つ補助錠を取り付けて「ワンドア・ツーロック」にしましょう。

もし、周囲の家を見回してワンドア・ツーロックのお宅が多く、自宅がワンドア・ワンロックのままであれば、狙われる危険性が高くなります。
同じマンション の中でも、ワンロックのお宅とツーロックにしているお宅が混在しているような古いタイプのマンションでは、ワンロックのお宅のほうが確実に狙われるでしょ う。

たとえ玄関ドアはツーロックにしてあっても、ピッキングに強い錠前にしてあっても、窓の防犯対策がなされていなければ、やはり被害に遭いやすくなります。
ピッキングという特殊な技能を要せず、ドライバー一本で割れてしまうガラス窓から侵入するほうが手口としては簡単です。

自 宅のガラス窓の強度を振り返って見ましょう。
窓ガラスはドライバーやハンマーなどの硬いもので一撃したら割れるガラスではありませんか?
クレセント錠が 一つ付いただけの何の対策もしていない窓ガラスのお宅では、「いつでもガラスを割って入ってきてもいいですよ」と言っているようなものなのでしょう。

泥棒の侵入口となる「玄関ドア」と「窓」の防犯対策をしていないお宅は、侵入窃盗犯の次のターゲットとして、侵入被害予備軍であるという認識が必要です。

「対策は明日」では遅すぎる

「昨日までなんともなかったから、別に急がなくても」「別に盗られるようなものもないし」などと危機感のないことでは、今日にでも被害に遭うかもしれません。

「まさかウチが被害に遭うなんて」と、被害に遭った家では誰もがそう思うものです。
しかし、これだけ被害が多発している以上、防犯対策をしていない家は侵入窃盗犯に目をつけられていると自覚して、今日、今すぐにでも対策をしておくべきです。

「じゃ あ、今度の週末に」「ヒマが出来たら」などと考えていたら遅いのです。今夜、あるいは明日の不在中に空き巣狙いに遭ったら、どうしますか? 誰も代わりに 防犯対策をしてくれるわけではありません。すぐにお近くのホームセンターや家電量販店、あるいは100円ショップにでも出向いて、防犯用品を買ってきま しょう。
ネットで取り寄せるのもいいでしょう。
誰のためでもなく自分のため、家族のためなのです。一日も早い防犯対策が我が家を守ることになります。

錠 前の交換や補助錠の取り付けは鍵の専門店などで何ヶ所かで見積もりを取って、できるだけ早く来てもらいましょう。
それ以前に、ショップで窓の補助錠や防犯 フィルムを買い、防犯ブザーとフックで簡単なアラームをセットしましょう。
取り付けるのにはわずかな時間しかかかりません。
「えっ? こんなに簡単でいい の?」と驚くくらいアッという間にできてしまいます。

簡単な仕組みでも、万が一ピッキングされたり、窓を割られたりしたとしても、それ以上の侵入を防ぐことは可能です。
犯罪者は音と光を嫌います。
防犯ブザーで撃退できるのです。
玄関ドアと窓の二ヶ所に一個ずつの防犯ブザーとフックで、防犯対策ができます。


文京区 S様

文京区マンションにお住まいのS様は防音対策での
ご依頼です。

サッシ枠の見付けが25mmしかないので、70mmのふかし枠が
必要になりました。

70mmのふかし枠になるとかなり手前に張り出す
感じになりますが、その分中間の層が大きくなり
効果が出るとおもいます。

新しく用意されていたレースのブラインドに付け替えも
綺麗にマッチしていて無事完了です。


防犯対策 泥棒は「カネがある日」を狙ってる!

“その日に泥棒被害”は分かっていた?

これまでに何らか の窃盗被害に遭ったことのある人から、「なぜこの日に限って…」という声を聞くことが多いのは、「普段よりお金があった」日のことです。

月末・月初など、何かとお金が入用な時期、また連休のために普段よりまとまった金額を用意していたときなどです。
もちろん、祝儀、不祝儀といった冠婚葬祭 の場でも、いわゆる「祝儀泥棒」が出没することがありますし、お葬儀で家が無人になったところを空き巣狙いに侵入されることもあります。

商店などでは、ウィークデイは前日の売上金を翌日金融機関に入金しに行くところ、週末には「金曜土曜日曜」の売上金を週明けの月曜日に入金に行くとなると 三日分の売上金があることになります。
とすれば、ウィークデイに泥棒に入るよりは、日曜日の営業終了後に侵入すれば、三日分の売上を奪うことができること になります。
つまり、「日曜の夜間から月曜の早朝にかけて」がもっとも被害を警戒すべきときだといえます。

月末の金融機関やATMには、大変な数の人びとが列を成します。
もちろん家賃の支払いやらの振込み関係も多いでしょうが、給料振込み後の現金を引き出す人 が多いことでしょう。あれだけ多くの人がお金を引き出しているのですから、道行く人の現金所持率は、給料日前よりは確実に高く、所持金額も高いはずです。
つまり、「スリ」や「ひったくり」からすれば、同じリスクを負うなら、実入りがいいときを狙うのは必然でしょう。

被害を防ぐために

店舗では、金融機関の夜間金庫を利用できるようであれば、費用は安全経費と考えて、ふたり以上で持っていくようにしましょう。
店の事務所内の金庫に売上金 を入れるのであれば、今一度事務所の安全レベルを検証しましょう。
ドアと窓に侵入防止の対策がなされているでしょうか? ドアにも窓にも補助錠が必要で す。侵入に時間がかかるようにすることですが、日曜夜間など、ほとんどの人が月曜からの仕事に備えて早々に帰宅して、人通りも少なく商店街もガラガラで す。

金庫は300キロ以上のものでも男数人によって持ち出される被害が発生しています。
小型金庫や手さげ金庫などではそのまま持ち去られてしまうでしょう。
事 務所の位置によっては、隣地とのわずかなすき間からドリルなどで壁を壊されて侵入されるという手口もありますから、自店を客観的に見て、どこから侵入され る危険性があるか、金庫が持ち去られるとしたらどこから?というように考えましょう。
金庫は持ち去られないように「床に据え付けてあること」が肝要です。

何よりもまず「侵入されないこと」を一番に対策を施し、文字通り二重三重に、補助錠を設置するなどしましょう。
さらに、侵入を試みられたときに、警告音に より侵入者を威嚇したり、周囲に緊急事態を知らせるなどの「警報装置」、侵入口や金庫に向けて「防犯監視カメラ」などもないよりはあったほうがいいでしょ う。

個人においては、外出時には電車内や混雑した場所には「スリ」がいて、道路を歩けば「ひったくり」がいる――と考えて行動すれば、自然と財布やバッグを ガードする態勢になるでしょう。自分が「スリ」「ひったくり」の被害に遭うとしたら、「いつ、どこで、どのように?」と考えれば、そうならないように行動 できるはずです。

もちろん、住まいの侵入防止対策も忘れてはなりません。
「玄関ドアと窓」すなわち「出入り口は侵入口」と考え、補助錠、侵入防止アラームの設置など、でき る限りのことをしましょう。
厳重に盗難防止対策を「被害に遭う前に、被害に遭わないように」しておきましょう。できることがあるのにしないでおくと、被害 に遭った後で「ああしておけばよかった」「こうもできた」と後悔することになります。
後悔しないためにできることは何でもしておきましょう。


防犯対策をお考えの方・・・

泥棒が侵入をねらうのは、簡単に破れそうな窓。従来の外窓だけでは、泥棒にとって格好の標的に。
しかし、内窓を取り付けるだけで、破るのに時間がかかりそうな二重窓になり、侵入をためらわせ、手こずらせたり、あきらめさせたりできます。
内窓による防犯効果は視覚・心理的なものだけではありません。

二重化することで、窓を破る手間は大幅に増え、破るまでの時間も従来の外窓のみの場合と比べて長くかかります。
侵入犯の約半数が5分以内に破ることができなければ侵入を諦めるという調査結果も。
二重化された窓は泥棒にとって手間のかかる相手にしたくない存在なのです。