puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies
puppies

ピッキング被害再び増加!狙われる地域と家

都内で再び増加している被害

警視庁がまとめた、今年1月から8月末までの東京都内の侵入窃盗認知件数が発表されました。このうち、「ピッキング」と「サムターン回し」の被害が、昨年同期より40.5%も増加していることがわかりました。
都内の各市区別被害件数の増減については警視庁の東京都の区市町村別刑法犯認知状況平成18年8月末データをご覧ください。

「ピッキング」による被害は、平成12(2000)年にピークとなって、その後減少していました。
平成15(2003)年に「ピッキング防止法」(ドア開 錠に使用する特殊用具類の不当所持を禁止)が施行されたり、不法滞在の外国人を集中的に摘発したことなどにより、昨年平成17(2005)年は、ピーク時 より半減していました。

下記の警察庁資料「ピッキング用具を使用した認知・検挙状況の推移」で、全国でも年々減少していることを数字で見ることができます。

しかしながら、ここにきて都心回帰現象とでもいうように都内で再び、被害が急増しているということになります。
侵入盗そのものの認知件数は、昨年同期に比 べて6.7%減少してはいるものの、「ピッキング」の手口によるものは前年同期(191件)より倍以上(425件)になっているのです。

この地域が狙われている

都内でもっとも被害が増えたのが杉並区でした。
渋谷、新宿、中野、練馬の各区のマンションで被害が相次いでいるほか、江東区などでも前年より増加していま す。
また、都下では町田市の増加が顕著です。
減少した地域、微増している地域とそれぞれ違いますので、都内にお住まいの方は東京都の区市町村別刑法犯認知状況で確認してみましょう。

従 来からの住宅街で、狭く入り組んだ路地が多く車が入りにくいこと、防犯パトロールの目が届きにくいこと、などがあります。
たしかに住宅街は人通りも少な く、おだやかな町並みが特徴的ですが、それだけ人の目がないということにもなります。
多くの人が行き交う都心部に比べると、人の数が圧倒的に少ない点、路 地が多いイコール曲がり角が多く見通しがきかない点などが、狙われやすい条件となっているようです。

こんな家が危ない

また、セキュリティ対策のなされた新しい物件が少ないという点も原因としてあげられるでしょう。
住宅街では低層のマンションが多く、築年数のたった物件は 防犯対策が十分になされておらず、たとえば錠前を見ても、ピッキングされやすい錠前をそのまま使っていることが多いようです。

また、玄関ドアからの侵入だけでなく、玄関がダメなら窓からということで、窓ガラスを割って侵入するガラス破り、焼き破り(焼き切り)、突き破り(ドライバーなどで窓ガラスを割る手口)、などの被害も多く発生しています。

玄 関ドアをピッキング対策の錠前にしてあるとしても、窓ガラスが、一撃のもとに割られてしまうような家は、いってみれば「頭かくして尻かくさず」の状態で す。
前から侵入できなければ後ろから侵入すればよい、という単純なことで、玄関には対策をしてあったとしても、窓の防犯対策ができていなければ、こちらか ら侵入されてしまうのです。

玄関と窓をガードせよ!

泥棒の侵入口は「玄関」「窓」の出入り口です。
出入り口=侵入口なのですから、少なくともこの二ヶ所の防犯対策を早急に実行しましょう。

ピッ キングされやすい錠前、すなわち過去数年以内にピッキング対策の錠前にしていない場合、これまでに一度も交換していない場合、ピッキング対策用ではない錠 前が一つしかない場合は、ピッキング被害に遭いやすいですから、錠前を交換するか、もう一つ補助錠を取り付けて「ワンドア・ツーロック」にしましょう。

もし、周囲の家を見回してワンドア・ツーロックのお宅が多く、自宅がワンドア・ワンロックのままであれば、狙われる危険性が高くなります。
同じマンション の中でも、ワンロックのお宅とツーロックにしているお宅が混在しているような古いタイプのマンションでは、ワンロックのお宅のほうが確実に狙われるでしょ う。

たとえ玄関ドアはツーロックにしてあっても、ピッキングに強い錠前にしてあっても、窓の防犯対策がなされていなければ、やはり被害に遭いやすくなります。
ピッキングという特殊な技能を要せず、ドライバー一本で割れてしまうガラス窓から侵入するほうが手口としては簡単です。

自 宅のガラス窓の強度を振り返って見ましょう。
窓ガラスはドライバーやハンマーなどの硬いもので一撃したら割れるガラスではありませんか?
クレセント錠が 一つ付いただけの何の対策もしていない窓ガラスのお宅では、「いつでもガラスを割って入ってきてもいいですよ」と言っているようなものなのでしょう。

泥棒の侵入口となる「玄関ドア」と「窓」の防犯対策をしていないお宅は、侵入窃盗犯の次のターゲットとして、侵入被害予備軍であるという認識が必要です。

「対策は明日」では遅すぎる

「昨日までなんともなかったから、別に急がなくても」「別に盗られるようなものもないし」などと危機感のないことでは、今日にでも被害に遭うかもしれません。

「まさかウチが被害に遭うなんて」と、被害に遭った家では誰もがそう思うものです。
しかし、これだけ被害が多発している以上、防犯対策をしていない家は侵入窃盗犯に目をつけられていると自覚して、今日、今すぐにでも対策をしておくべきです。

「じゃ あ、今度の週末に」「ヒマが出来たら」などと考えていたら遅いのです。今夜、あるいは明日の不在中に空き巣狙いに遭ったら、どうしますか? 誰も代わりに 防犯対策をしてくれるわけではありません。すぐにお近くのホームセンターや家電量販店、あるいは100円ショップにでも出向いて、防犯用品を買ってきま しょう。
ネットで取り寄せるのもいいでしょう。
誰のためでもなく自分のため、家族のためなのです。一日も早い防犯対策が我が家を守ることになります。

錠 前の交換や補助錠の取り付けは鍵の専門店などで何ヶ所かで見積もりを取って、できるだけ早く来てもらいましょう。
それ以前に、ショップで窓の補助錠や防犯 フィルムを買い、防犯ブザーとフックで簡単なアラームをセットしましょう。
取り付けるのにはわずかな時間しかかかりません。
「えっ? こんなに簡単でいい の?」と驚くくらいアッという間にできてしまいます。

簡単な仕組みでも、万が一ピッキングされたり、窓を割られたりしたとしても、それ以上の侵入を防ぐことは可能です。
犯罪者は音と光を嫌います。
防犯ブザーで撃退できるのです。
玄関ドアと窓の二ヶ所に一個ずつの防犯ブザーとフックで、防犯対策ができます。